インターネットの新技術|ワークフローで社内活性化を図ろう|効率アップ

ワークフローで社内活性化を図ろう|効率アップ

男女

インターネットの新技術

ノートPC

サーバーサイドが主体

インターネットが世間一般に知られるようになって早20年以上が経ちました。情報革命と呼ばれるほど私達の生活を大きく変えたこの技術は今でも進化を続けています。そんな中、最近ではプッシュ通知と呼ばれる新しい規格が注目を集めています。このプッシュ通知とは今まではブラウザー(ユーザー)のアクションを主体としていたインターネットにサーバー主体の機能を取り入れるものです。例えば特定の時間になるとサーバーサイドのメッセージをブラウザーに表示したり、稟議の承認結果をプッシュ通知で提出者にリアルタイムで伝えたりと社内管理のツールとして利用できます。ただし、注意したいのはプッシュ通知を多用するとインターネットの利便性を損なう恐れがあることです。便利とは言え利用は適度に行いましよう。

利用用途は様々

プッシュ通知が注目を集める理由は先にも述べたサーバー主体の機能が提供出来るところです。今まではユーザーがボタンをクリックするなどのアクションを起してシステムが動き出すことが殆どでしたが、プッシュ通知はサーバー側の任意のタイミングで行えるのです。今までは行えなかったタイミングでシステムを稼働できるためプッシュ通知を利用した目新しい機能が次々と生まれています。また、プッシュ通知はインターネットを利用した技術ですのでデバイス間の垣根はなく、営業担当者が出先でも携帯端末から利用できるところも人気の一つとなっています。プッシュ通知はもしかすると社内管理を円滑にする革命的な技術になるかもしれません。あなたの会社でも試してみてはいかがでしょうか。