確実に連絡が取れるか|ワークフローで社内活性化を図ろう|効率アップ

ワークフローで社内活性化を図ろう|効率アップ

男女

確実に連絡が取れるか

ウーマン

クラウドとオンプレミス

企業内にシステムを設置するとき、クラウドにするかオンプレミスにするかがあります。クラウドはネットワーク上からアクセスが可能なシステムで、物理的な設置は社外です。オンプレミスは社内に設置をします。安否確認を行うための仕組みは、災害などが起きた時、社員に対する連絡方法、連絡先の登録、自動的に連絡を行う仕組みになります。クラウドであれば、ネットワークが稼働していれば問題なく動いてくれるでしょう。オンプレミス型の安否確認システムは社内にあるので、社内が停電のときやネットワークが遮断されたとき、必ずしも正常に稼働できるとは限りません。一方でオンプレミスなら、社内にいるのであればネットワークが遮断されていても情報の確認ができます。

複数の連絡方法を確保

かつては社員の個人情報は自宅の電話番号ぐらいでした。社員本人と連絡を取ろうとしても、自宅にいなければ連絡がとれないこともありました。今は携帯電話がそれぞれ持っていることが多いです。その他携帯電話のメールアドレス、SNSのアドレスなどで連絡を取れる場合があります。安否確認システムの中には、一定の条件に該当した時に一斉に安否確認メールなどを送信します。社内にいるときだけでなく、社外にいるときにも支持を出すことができ、携帯電話や電子メールなどに確認メールを送り、それに対する返事があるかをチェックしていきます。安否確認方法が一つしかないと、どうしても連絡が取りにくくなります。複数あると、取りやすくなります。